スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終了しました 追記有り

今朝は5時半にゆぅ君号が迎えに来てくださって、加古川河川敷の会場でのオプデスのアジリティー競技会に参加してきました。肌寒かったり、日が照って暑かったり、終了間際には強い雨、突風まで吹くというめまぐるしい気象の変化。

無事じゃないし、後悔もいっぱいあるけど、あっちゃんのアジリティー終了しました。短い間でしたが、記録することが終了したので、このブログは今日で終了です。

正規種目である1度にさえ出場できるまでにならなかった初心者なので引退というような言葉は使うべきではないのでやはり、終了かな。

オプデスでは初めて1度に出場したケイ君。体高測定では無事30センチということで、スモールクラスということになったので、パフォーマンスクラスではなく、レギュラークラスに出場。
ケイ兄君とのペアでJP1で2席、ケイママとのペアでAG1で2席、NV2で見事優勝
1席のメダルはすごく立派でした。

ゆぅ君、あんじゅちゃんはともにNV1・2とも入賞は逃しましたが、完走。

ティダちゃんはバーさえ落とさなかったら入賞やったのにというところ。

初参加のボーダーのジャッキー君は失格にはなったものの初参加とは思えない走りで、コースを走りきりました。

同じく初参加のトイプーのちゃあちゃん君・はなちゃんは今回ビギナーでトンネルが怖くなってしまったけど、ちゃあちゃん君は2走目はコースを最後まで走りました。はなちゃんもママさんは次はやるということなんで、完走はちかいかな。

あっちゃんは、トレーナーに茶化されてた通り、完走はもちろん、コースを最後まで走ることさえ出来ませんでした。素直といえば素直なコース、2つハードルを跳んでほぼ直角に曲がっててトンネルという出だし。トンネルは入ったもののそのまま、脱走、よぴもどしたら、このトンネルを合計3回入って、さらに脱走して、制限タイムが過ぎました。2回目の泉大津の大会とおんなじ感じか。

まあ、残念でも何でもない状態で、くやしいとさえ思えない出来なので、「ほら、いった通りでしょ」という声が聞こえてきそうです。

明日もエントリーしていたんですが、送迎などご迷惑を掛けるだけですし、さらにダメさ加減を確認に行くこともないかなとパスします。応援にいくにはちと遠い。ふじこちゃん、一緒に遊ぶ機会がなくなったね。

自主練だけは楽しいからとレッスンパスのある間は参加しようと甘く考えていたのですが、今日で意欲やレベルの差の大きさを痛感しましたので、他の子たちに迷惑なんでそれはアカンやろうということで…。

いさぱぱさん、のんびり続けたらいいよと、お言葉いただいていたんですが、現状その環境はないので、無理かな。また、機会があれば観戦・応援にいけるといいのですが。

愚痴で終わったアジリティー生活・ブログでした。ご迷惑・ご不快おかけしました、お詫び申し上げます。

一晩、寝て、完全ではないけど、少し整理して。記録なんで雑感を追記。


一言で言ってしまうと、結果的にはアジリティーを始めなかったらよかったんやなあ。ちょっと正確やないか、アジリティー競技を始めようとしなければ良かったんやと。最初は、アジリティー機材を使った遊びが出来るようになればいいなあとレッスンをはじめたのは間違っていなかったとは思うんやけどね。

日本人って習い事が好きやし、習い始めたら、発表会とか検定とかで評価が欲しくなるやんね。

水泳とかでも、生涯スポーツとはいえ、大人になってからは別として、子供で始めると、能力のある子は選手育成コースとかで、上を目指す。かといっていくら努力しても向き不向きもあるし、みんなが、オリンピック選手になれるわけやない。それで、水泳をやめることもあるやろうし、市民プールで時々泳ぐことを続けることもある。

あっちゃんはというか、私とのペアはアジリティー競技には向いていなかった、適性が無かったということやと思い至った。

レッスン始める前から、好きやったトンネル、途中で苦手になってしもたかなと思ったこともあるけど、最後は競技としてはダメやけど、3回もグルグル入って、思い出してみるととてもうれしそう、得意そうやった。

絶対、出来るようにならへんと思ってた、スラローム、シーソー、タイヤもそれなりに出来るようになったし、多分シーソーは好きやと思う。

競技となると、その障害が単体でクリア出来る、それが好きやと言うことではダメで、設定されたコースの中で、指示に従ってコントロールされてクリアしていかないといけない。コーギーも元は牧羊犬なんで、人間の指示に従って役割を果たすことに適性がないわけではないんやろうけど、個体差はあるやろう。

ケイ君やゆぅ君を見ていると、走るのも好きで、ハンドラーの指示に従うことが楽しくて仕方ないように見える。まだ、スピード的には負けるかもしれへんけど、あんじゅちゃんやりゅう君もハンドラーさんの指示通りに行くのがとっても楽しそうや。

私が、うまく褒められず、それでずっと来てしまったことが元凶やと思うけど、あっちゃんはハンドラーの指示に従うことは楽しそうには見えない。以前は激走りすると楽しそうだったのが、このごろのアジレッスンでは、走らないし、走ることが楽しそうには見えない。

昨日の競技で、カットんで行った時、あー、走るのが楽しかったという顔をした。この顔を最近はさせてあげられなくなった。

アジリティーは広い場所と機材がいるので、どっかで、気軽に遊ぶということは出来ない。トンネルが好きやからと飽くまでトンネルを駆け抜けるというわけには行かない。競技会は、タイムと技術で順位を争うものやから、決められたコースをクリアしていかないといけない。すごく、上手になったペアには自分でコースを組み立てる要素のあるギャンブラーとかあるみたいやけど、初心者が、すべての規定されたコースじゃなくて、例えばトンネルは怖いけど、ハードルは得意やったらトンネルは戻って来てもハードルを余計に跳んだらいいとか、真っすぐなトンネルだと入れる子は距離が長くなるけど、曲がったトンネルと選択できるとかならへんのかな。

なんちゃってギャンブーラーになるんかもしれへんけど、カットんでしまう子向けに、リンクの中にいる制限時間内に好きな障害を好きなようにクリアしてポイント争うとか。自分とこのペアはこのタイムと申告してその差を競うとか、まあ、現状の普及具合では夢でしか無いし必要かどうかわからんけどね。

アジリティー競技はもう無理やとおもうけど、アジリティー自体は楽しいこともあったんで、どっかで機材を使える機会があったらやらせてあげたいなあと思う。

あ、最後に、やめるしかないなあと自分で感じ始めたきっかけのひがみと愚痴。
服従が出来てる子は上達が早いです。←これは大体真実。かといってすべてではないと思う。服従が万能ではないとおもう。
レッスンに入ったら簡単な服従訓練もします。←これは一部真実。トレーナーが見込みがあって、必要と感じたペアには教えます。
アジリティーを通して服従がついて、性格があかるくなり臆病じゃなくなります。←これは個体差が大きすぎて、少なくともあっちゃんは8割方嘘です。服従は昔、やったしつけレッスンを思い出したりするけど、それ以上は…。性格は明るくはならない、あっちゃんはアジとの関連性は分からないけど、むしろ臆病になりました。

あと、トレーナーさんについて。
昨今の教育に携わる人、立派な人も多いし、問題のある人は一握りで大きく取り上げられているけど。それでも人間なんで、裏も表もあるし、常に聖人君子ではない。
トレーナーは教育者ではなくて、訓練士というだけあって、人に同じような役割というと運動のコーチに近いと思う。日本は、とかく人間性とかを求めるけど、基本は技術などを伸びる見込みのあるひとを伸ばすためにいる。

だから、自分の設定した目標・能力に合致する子には力が入る。そうでない子は意識していないにしても、本人はおざなりにしているつもりは無くても、連れてくる飼い主はそう感じてしまう、まあ、私だけかもしれへんけど。

能力や性格はそれぞれやねんから、古くから通ってるからとか、他の子と同じようにしっかり教えてほしいというのは多分わがまま。古くても、想定するレベルに達しない子より後からの子の方が能力が高ければ、そちらに目がいって、指導に力が入るのは当たり前なんやろう。

それはどんなに立派なトレーナーでも、というか、多分、実績のある人は初心者に向くんやろうかなあ。まあ、引き出しの多い人だったら、いろんな指導法をためすんやろうかな。

愚痴りだすときりがない、最後に自分を納得させるためにも覚え書き。

体験会とか、気軽に使えるアジリティーサイトがあるといいのになあ。

これで愚痴はおしまいにしたいです。

この記事へのコメント:

Lani母ちゃん : 2012/10/08 (月) 10:14:58

あっちゃんがアジ始めたから、Laniも始めたようなもんなんで
止めるって凄く寂しし、このブログを楽しみにしてた私です。

楽しそうにアジやってたのにね。
ママさんとのコンビ向いてない事はないと思うよ
あっちゃん、頑張ってたし♪

誉めるって大切な事だよね
私が通ってる所はダメなコトは怒って、褒めるコトは大袈裟くらいの誉めてって言われます。

ママさんとあっちゃんの頑張りに拍手おくってたのに、残念です。

トレナーさんとの相性もあるんだろうし・・・
でも、そこのトレーナーさんはちょっと問題ありかな。
会った事ないけど、何となくそう思うよ


楽しみつつ、アジをやれる所があったらいいね

あっちゃんのママ : 2012/10/08 (月) 10:55:04

Lani母ちゃんさんへ

Laniたんの通ってるところはベテランの生徒さんもいっぱい居てはるから、成功も失敗も、生徒の立場として話できる人がいっぱい居てはるんやと思います。私が行ってたところは、始まってほぼ1年ほど、生徒としてはウチが多分、一番最初くらいやと思います。なので、なんていうか、試行錯誤の部分が多い。

場所も広くないので、裾野を広げるという意味で、最初はトンネルとハードルだけで始まった。ウチが最初ということもあって、他の子より近くて何度も通えるのでそれなりに春くらいまでは頑張って教えてくれてたんですよ。

順調に、生徒も集まるし、実績のあるケイ君も移動してきたし、ビギナーでは、あっちゃんも一応含めて、まあまあの結果が出るようになってきた。それでしつけ教室もその先にアジリティーがありますよという形にできる。訓練競技をめざすんじゃなければ、しつけ教室ってそれなりに通う時期の長さは決まってしまう。アジリティーは、多分、3度に出るようになっても、練習する場所を考えたら、スクールに通うと思う。息が長いよね。それには、エース級を作らないといけないと思ったんじゃないですかね。だから、それにはやはり、伸びる子を伸ばさないと。

時間が経って、教室自体がこなれてきてエース級が育てば、なかなか上達しない子にも対応できるようになるんじゃないかなと想像します。

ウチはいろんな意味で、タイミングが悪かったんやと思います。気楽に通える距離というのは、ある意味、1回1回のレッスンに対する意気込みの面からは足りない部分があったんじゃないかと反省しています。

うん、楽しみとしてアジが出来る場所があればうれしいけどね。

リンまま : 2012/10/10 (水) 10:47:39

競技会、お疲れさまでした。そして、アジリティもお疲れさまでした。

いつの間にか競技会に出る事やタイムを争うことに完走することに一生懸命になっていましたが、本来は楽しく一緒に走れたらOKだと思います。我が家も初めは一緒に楽しく走りたかっただけなのに、いつも間にか競争心が生まれてきているような気がします。

初心を忘れず、楽しく走れるように頑張りたいです。

あっちゃんもアジリティを始めて障害物の楽しさを知ったし、たくさんのお友達もできたし、良い経験だったと思います。あっちゃんがいなくなって寂しくなりますが、覗きに来て下さいね(^O^)/

あっちゃんのママ : 2012/10/10 (水) 12:16:57

リンままさんへ

コメント有り難うございます。実はこの間の自主練でお会いした時は既に止めるしか無いなあと思っていました。その後、色々もがいたけど、更に深みにハマりました。競技会自体は緊張感もあるし、楽しい部分もあります。アジリティーはお疲れさまと行ってもらえる程、何もせずに終了しました、失ったものの方が多かったかな(涙)。

今日は、ちょっと、メンバーの人に用事があって、自主練の時にお邪魔したのですが、ニコヤカに対応はしてもらったんですが、既にすっかり部外者なんやなあと痛感しました。もう、みんな次に向かって意欲的に動いているので、近づけなかった。

アジを始める前からのコギ友さんたちとも既に垣根ができてしまって、これっきりなんかなあとちょっと寂しく感じました、仕方ないですね。確かにアジを通じて、アジをやっている間はよりつながりが深まった気がしましたが、やめてしまえば、部外者です。まあ、やりきって引退したとかやったら違ったんでしょうけどね。

最後のわがままで、少しだけ、走らせてもらったんですが、トンネル好きだったのでアジをやってみようと思ったんですが、結局、トンネルをくるくる回らせた。トンネルしか必要なかったみたいです。中古の安いトンネルとかないかなあ。

前にも書かせてもらったように、リンちゃんは、パパさん・ママさんも若くて意欲的、リンちゃんもすごく上手になって来てるんで、ずーっと頑張ってくださいね。

ケイのママ : 2012/10/13 (土) 03:04:59

こんばんは☆
携帯にメールを頂いたのですがスマホでの入力よりこちらの方が文章を書きやすいのと深夜ですのでコメント欄に失礼しますね^^
まずはお返事がとっても遅くなってしまったこと ごめんなさい。。

こちらのブログでも書いてあるとおり、いつもあっちゃんをケイや他のレッスン仲間と比べて出した答えが
「もうアジリティはやめるから」
「あっちゃんは向いてないから」
「もう終わるから」
って、9月に入ってからはレッスンの間ずっと仰ってました。
私だけでなく おそらく一緒にレッスンを受けてた方はみんな聞いてました。

「競技会は最後の思い出作り」

ということで、練習を欠かすことなく自主練習もして、競技会に出場して終わりとなったこと、あっちゃんのママさんの中ではどんな結末を予想されてたのか・・・
先生が「終わりますか」って言われたようですが、それまでの流れでいくと別にひっかかる返事でもなかったかと思います。

「アジリティであっちゃんはトンネルが好きで上手だった」って終わりはダメですか?
そしたら先生との嫌な思い出も薄まりそうな気がします。
ストレスになってたアジリティ、それでもまだ続けたいと思うなら信頼できる先生と教室に通われた方が気持ちも楽になると思います。
人生も経験もあっちゃんのママさんの方が積んでるのに あれこれ意見を言ってしまってすみませんでした。
ママさんが新たな一歩を踏み出せるよう願います☆

タロママ : 2012/10/21 (日) 00:27:36

初めまして!通りすがりです。
私も4才のプードルとアジをしています。

ピースワンさんでアジをしているのは噂で聞いていました。
しつけ教室もやっていること聞いていました。
ショップのホームページなども見させていただいたりあっちゃんママさんがそこまで言っているならと、気になりだすと止まらず友達に携帯のホームページも見させていただきました。
レッスンやトレーナーさんを実際に見たりしたことはありませんので、ホームページと噂で聞いた話のみでお話させていただきます。

正直な話、あんなに生徒さんのことを細かに表記しているホームページなんて私の知ってる限りでは、ないですよ!
むしろ、あんなに書いてくれていて羨ましいです!

道理でピースワンさんでの教室が人気なわけだ!
と思いました。

実は私の友達もピースワンさんのしつけ教室に通っていて、卒業してるのですが、正直悪い話は一つも聞かなかったです。

よその教室には基本あまり興味はないのですが友達が通っていて話を聞いていたので、書き込みさせいただきました。

顔も知らない者同士ですが、私はアジが大好きなので最後に一言だけ言わせていただきますね。

一生懸命な人に人は魅力を感じるんだと思います。

犬がアジが好きとか嫌いとかは関係ないと思います!
私のとこの先生はいつも言ってますよ。
アジは無理して続ける必要はない。
タイミングでやめても全然いいんです。

楽しめないならやめたらいい。
楽しいなら続ければいい。運営側が、よいしょして続けていこうと説得しても、時間と手間隙、お金もかかることだから、飼い主さんに任せる。

そんな風な考えの先生だから私も気楽に続けてますよ!
あっちゃんママさん、アジをやってるならアジの不平不満はあまり公にしないでほしいです。
悲しくなります。
楽しめないアジならやめた方がいいですよ!

トレーナーさんが嫌いなら違う教室を探してみたらどうですか?

今の心境はどうなんですか?
アジを志している者としてなんか気になります。

でしゃばってしまってごめんなさい。

あっちゃんのママ : 2012/10/21 (日) 05:05:37

ホストが同じなので、名前を変えてはりますが、同じ方でしょうか。わざわざすみません。

すべては、私が悪いでいいと思いますよ。

アジリティーは好きですよ。トレーナーが好きとか嫌いとかはないですよ。

記事にも書いたように夏前まではレッスンが楽しくて仕方がなかったです。上達しようと自分なりに考えた行動(オビの相談とか、もろもろ)がすべて言下に否定され、何をしても無駄見えただけです。

コメントは書かれた方が、公開にされてる以上、私の側でよほどのことがない限り、削除したり拒否したりする気はないです、業者やアダルト系の自動送信は別としてですが。

貧乏人がアジをやるなといわれてしまえばそれまでですが、他の教室も色々探してみましたが、場所や料金が折り合いませんでした。

どんなことでも万人に合うということはないと思います。また、100パーセントの人がすべていいというという、それはむしろ怖いことではないかと考えてます。

客観的な事実というものは人が介在する以上ありえないと考えています。多数決的近似客観的事実というものは存在すると思いますが。

不快な思いをさせてしまったのはすみませんが、わざわざ捜してまでの必要があったんでしょうか。

私は穿った見かたをする癖がついているので、裏をかんがえてしまいますが…。

コメントありがとうございました。

管理人のみ通知 :

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。